Z会中学受験コースの学習サイクルを教えてください

Z会中学受験コースは、紙の教材とタブレットに配信される教材を併用しながら効率良く学習していきます。

 

では、どのように学習が進められているのか、Z会中学受験コース【学習サイクルについて】見ていきましょう。

 

Z会中学受験コース【学習サイクルについて】

 

Z会中学受験コースのカリキュラムは、中堅校から灘、開成、桜蔭といった超難関中学へ合格を通信教育で勝ち取るまでの学力作りの仕組みが徹底された、よく考えられたカリキュラムです。

 

紙とタブレットを併用した学習スタイルで、しっかりと中学受験成功への学力定着させていきます。公式サイトでカリキュラムやオリジナル教材を見ても、良問が揃いで質の高い教材内容であることがお分かりになると思います。

 

Z会中学受験コース~学習の流れ~

 

映像で学習するというスタイルは、他の通信教育でもと入れられていますが、映像は一方的なので、映像を1回見ただけで、わかったという気分になり、定着出来ていないので、結局成績が上がらない・・・というデメリットがあります。

 

しかし、Z会では、進捗状況や学習の遅れが一目でわかるスケジュール表を基に、以下のようなプランで学習していきます。

 

映像で学ぶ需要ポイントを確認する

 

「授業ノート」という教材に、鉛筆で書き込みながら学んでいく

 

問題演習を解いていく

 

タブレットに配信された解答と解き方の説明をみて復習する

 

タブレットを使い反復学習を積み重ね苦手を作らない

 

発展的な問題までも解いていく課題の「てんさく問題」に取り組み提出する

 

タブレット上での月1の担当指導者との面談で学習の振り返りや目標設定の決定

担当指導者の存在は、志望校合格までの力強い伴走者となります。

 

復習指示と成績表、偏差値、順位がタブレットに配信

 

全国でのレベルがわかる到達度テストで学習の定着を確認

 

年3回の総合成績表の配信

 

 

と、このように、中学受験塾へ行かないとなかなか確認できない、偏差値や、全国レベルで順位までもわかるので、モチベーションを高めながら、志望校合格までの長い道のりをZ会の中学受験コースのみで挫折せず学べるようになっています。

 

特に、注目すべきは、担当指導者の存在です。受験塾に頼らず中学受験を目指す場合には、情報収集が大変ですし、何より孤独になりがちです。悩みを相談できるので、親御さんにとってもありがたい存在になります。