中学受験の準備はいつから始めたらいいですか?

本格的な中学受験の準備は、どの程度のレベルの中学受験かによりますが

 

難関校を目指すなら、小学校3年生2月からが一般的です。

 

中学受験を選択するご家庭が増え、低学年から受験クラスを設置する塾もあります。

 

しかし、お子さんの負担を考えた場合、通塾は早くて小学校4年生小学校5年生からでも十分だったかもしれないという声も受験終了後の親御さんから聞くことができます。

 

また、家庭で学習する習慣をしっかり身に着けてあるお子さんは、難関校、超難関校でも、小学校5年生、6年生でも通信教育や家庭学習のみでも合格できるという報告も多数あります。

 

 

本当に高学年から受験準備を始めても難関校に合格できますか?

高学年から受験準備を始めても難関校に合格できます。

 

ただし、それには条件があります。

 

  •  家庭での学習習慣ができていること
  •  中学受験レベルの学習内容が理解できる力がついていること

 

 

塾にはメリットもありますが、デメリットもあります。

 

塾の大量の宿題に疲れて学習意欲がわかなくなってしまうこどもたち。
塾の課題についていけず、十分に理解でぬままの通塾で成績が伸び悩んでしまう子供たち。

 

塾で好成績を保ち、失速することなく最後までその成績を維持し、志望校への合格を手にする子どもに共通するのが

 

 

塾で習うことを理解する力のある子供です。

 

この力を一番効率よく養うことができるが家庭なのです。

 

親子で一緒に勉強することで、子供が得意と不得意を把握できます。

 

上手くコントロールして、苦手な分野を得意にしていくことができます。

 

子供のペースに合わせて学習することで継続した学習習慣を身に着けることができます。

 

この学習習慣がしっかり身につけて中学受験勉強を始めた場合は、非常に上手くいくと言われています。

家庭で学習習慣を身に着ける方法を教えてください

最近は、中学受験に関する情報を簡単にインターネットで入手することができる時代です。

 

インターネットでお子さんに合った学習習慣を身につける方法を知ることができます。

 

どのように合格を勝ち取ったかが紹介している中学受験ブログを見かけますね。

 

家庭学習のみで合格された方のブログは参考になります。
通信教育はどこがおすすめなのか、併用した参考書は何か詳しく紹介されています。

 

しかし、この情報収集という作業は、結構大変です。

 

こういう情報収集が、苦手な方、時間に余裕がない方は、通信教育を利用するという方法が良いでしょう。

 

通信教育は、低学年から無理なく進められるというメリットがあります。
通信教育で力をつけ、通信教育の中学受験コースへ進むという方法もありますし、高学年から中学受験塾へ行くという選択もあります。

 

通信教育で中学受験を目指すなら、中堅校から超難関校まで幅広く高い合格実績があるのがZ会の中学受験コースです。

 

 

 

 

こちらのページでは、Z会で中学受験合格実績を紹介しています。
>>Z会中学受験コース合格実績